検索などでこのページに来られた方、元はこちら。



お待たせしましたということで。

2008年1月に放送されたTVアニメーション「true tears」の舞台となった富山県礪波市・城端地区のちょっとした観光&巡礼
ガイド的なページを作成しました。アニメーションの舞台だけでなく、街並みを散歩するのもオススメ。ちょっと足を伸ばして
ぶらぶら旅行というのは、いかがでしょうか?ゆったりと流れる時間と、歴史探訪にとぜひ体験してみてください!

ということで、これから行く人にちょっとした情報元になれば幸いです(撮影は2008年3月21日、9月22日、2009年7月5日)。
※旅行のレポはこちらです〜第1回目第2回目第3回目

また巡礼したい方向けな比較画像とか、参考となりそうなネタもちょこちょこ書いておきます・・・


そして、これは
訪れる全ての方にお願いです。

「true tears」のモデルとなった建物の中には個人の家、関係者以外立入禁止などのエリアがあります。
散策、撮影においてはその点を考慮して、不審な行動は慎みましょう。
特に中学校は通常は授業も行われているので無断で入るとほぼ間違いなく警察へ通報されますよ(^^;

城端駅にはノート等がありますが、利用する際は駅構内外問わず、利用者優先で邪魔にならないように!

市内は国道沿いも含めて静かな街です。散策で歩かれる場合は周辺の迷惑となる行為はやめましょう。


以上、あとはマナーを守って楽しく観光しましょう〜


城端観光ガイド/城端巡礼ポイントガイド





城端観光ガイド北部/南部

城端の駅周辺、歩いて散策できる範囲でのポイントを紹介します。
なお、各所のだいたいの風景も付けておきます(青矢印が撮影方向)

ちなみに各場所までの移動時間はこんな感じ(いずれも徒歩(かなりゆっくり)、実地測定)。

城端駅→城端広小路バス停前 約8分
城端駅→善徳寺前交差点 約15分
善徳寺→Aコープなんとセフレ 約10分




JR城端駅


列車でここへ来る人が最初に降り立つのがこの駅です。城端線の終点、城端駅です。駅舎は木造でかなりの
年代と懐かしさを感じることができます(ただまあ古いだけと言われればあれですが)。駅舎には観光案内所
(観光協会)が併設されていて、ここで散策前にいろいろな情報を収集してみることをオススメします。
また、駅舎隣には公共トイレもあるのでこちらも散策前に寄っておきましょう。



そして、ここには「true tears」のスペースが作られていて、放送告知ポスター・雑誌の切り抜き記事などのほか、
訪問者用に設置されたノート「こちらチューリップ連絡帳」というものもあります。訪問の記念にどうぞ♪


また駅舎内にある城端観光協会にはこれまでにイベント等で訪れた監督、キャストの皆さんのサイン入り色紙
やポスター、関連商品とかここに来たファンが置いていったグッズがたくさん展示されています。普段は扉が
閉じていますが、ここはせっかく来たので中に入ってちゃんと見学していきましょう〜

城端駅(JR西日本)
城端駅(構内、待合室の写真とか)
城端観光協会


善徳寺

城端へ来たらここくらいは来ておきましょうという名所。詳しくはこちら。
旅の無事をここでお参りしておくのもいいかも。


じょうはな織館

善徳寺から近く、善徳寺前交差点から南方向へ進むとあります。建物自体は昭和初期に建築された
城端絹織物組合事務棟を使ったもので1階はギャラリースペース、喫茶店、織物を使った商品を
取り扱うショップが、2階は実際の機織り機が並び、実際に織る体験などができます。
過去にここを訪れた乃絵役の高垣彩陽さんのサインも展示されていますよ。


城端曳山会館

※写真準備中

こちらはそのじょうはな織館の向かいにある博物館で、城端の行事である城端曳山が展示されて
います。城端の歴史を知ることもできて、史料を見ることもできます〜入場は有料です。



スーパー、コンビニ
ローソン城端町野田店

メインとなる通りからはちょっと外れますが、善徳寺の前の道を西へ歩いていくと見えてきます。
ATMはありませんが、24時間営業、タバコ・酒を扱っています。
営業時間:24時間、定休日なし


Aコープなんとセフレ

こちらは地元のスーパー、Aコープです。見慣れてない人が見たら結構びっくりしそうな店名ですが(苦笑)
中身は至って普通のお店です。スーパーの他、クリーニング店、ATM(JAバンク)、たこ焼き屋(粉ものメニュー)
も入ってるので、ちょっと食べたいなあという時に立ち寄ってみるのもいいかも?
営業時間:午前10時〜午後8時、定休日なし


菜彩やフジタストア

こちらも地元のお店。ネットとかの地図上ではスパーと表示されている場合が多いですが、現在そちらは閉店していて
この店が隣に立ってます。コンビニ価格ではないので、財布に余裕のない人はここを利用するといいかも。
ちなみに掲示板に「true tears」のポスターが貼ってありました。
営業時間、定休日:月曜日



銀行
富山銀行城端支店

ATMあり(平日8時30分〜19時、土日祝日9時〜17時)駅前の道をまっすぐ行くと左側にあります。


富山第一銀行城端支店

ATMあり(平日9時〜19時、土日祝日9時〜17時)国道304号線沿い、周辺の町並みに合わせて和風な造りです。


北陸銀行城端支店

ATMあり(平日9時〜18時、土日祝日9時〜17時)同じく国道304号線沿い、善徳寺前交差点の角にあります。


JAなんと(西部支店)城信事務所

※写真準備中

ATMあり(平日8時45分〜19時、土8時45分〜17時、日・祝日は休業)じょうはな座のとなりにあります。



その他
加能越バス「城端広小路」バス停

国道304号線沿いに設置。地元のバス会社、加能越バスのバス停です。ここから白川郷・高岡駅へ向かうことが
できます。ただし、平日・休日とも本数は非常に少ないので移動を考える方は事前に調べてからどうぞ。

加能越鉄道高岡ー白川郷バス時刻表
時刻は城端駅前の時刻に、白川郷方面は+1分、高岡駅前方面は-6分で計算して下さい。


公営駐車場
車で城端へ来られた方、散策するならここへ車を止めましょう。場所は2ヵ所、料金は無料のようです。

善徳寺前公営駐車場

地元の商店街、えびす商店街駐車場ともなってます。場所は善徳寺前交差点の角にあります。
台数的にはあまり止められないので、長時間の駐車は控えた方がいいかも。


善徳寺公営駐車場

善徳寺の裏手にあたる駐車場。坂を下りていくと見えてきます。大型車など、かなりのスペースが確保
されているので、長時間の駐車など、ゆっくり散策するのならこちらを利用しましょう。トイレもあります。

ページ上へ戻る






ちなみに各場所までの移動時間はこんな感じ(いずれも徒歩(かなりゆっくり)、実地測定)。

城端駅→南砺市城端庁舎 約20分
城端駅→城端中学校 約35分
城端中学校→善徳寺 約20分




南砺市役所城端庁舎周辺


この辺が行政の中心地域となるんでしょうか、市役所関係の建物が集まっています。
まず、善徳寺前交差点近くに城端曳山会館が、またこの城端庁舎横には南砺市城端伝統芸能会館じょうはな座
があります。それぞれ利用料はかかりますが、こちらもぜひぜひどうぞ。


庁舎横には城端郵便局があります。駅前には郵便局はないので利用はこちらでどうぞ。
もちろんここも周辺の町並みに合わせて和風な造りになっています。



道路を挟んで向かい側には南砺市起業家支援センター(看板は合併前の城端町の字が残ってます)があります。
「true tears」を製作しているピーエーワークスはここに入居しています。
なお、建物内は関係者以外立入禁止となってますので、ご注意下さい。


加能越バス「城端広小路」バス停

こちらも国道304号線沿い、ちょうど城端庁舎の前にあります。先程の広小路と同じく、ここから白川郷・高岡駅へバスが
走っています。またこちらは富山地方鉄道のバスも乗り入れています(富山駅前行き高速バス)。

加能越鉄道高岡ー白川郷バス時刻表富山地方鉄道
時刻は城端駅前の時刻に、白川郷方面は+3分、高岡駅前方面は-8分で計算して下さい。
富山駅前行き高速バスは朝発のようなので、ちょっと利用しにくいかも。


ページ上に戻る







城端巡礼ポイントガイド

城端地区でアニメ「true tears」に登場した場所を中心に紹介します。
ただまだ1回しか行ってないので、捕捉しきれてない箇所も多々あるので、まずは他のサイトの紹介から(^^;

こっそり支援(inoue1024さん)
はっきり言って、ここを見てなかったら富山って行かなかったと思う。画像も情報も豊富にあるので行く前の準備に必読。
私も何度もお世話になりました。また探訪としては一応終結されたようで、調査お疲れ様でした。

情報局本局情報収集部(ヤスそんさん)
現在放送中の富山エリアにお住まいかと思われます。アニメの感想なども掲載されています。

しまうま技研(k87p561さん)
遠い親戚が富山にお住まいという方のブログ(笑)探訪記事の他、アニメの感想+考察記事もあります。

長屋の花見〜ほうじ酒〜(syakiさん)
ページトップに探訪記事へのリンクあり。また、応援企画として乃絵の木彫彩色パネル製作記事も。これ、すごいな(汗

ケロロット〜とみやま(いないな21さん)
舞台のうちでも富山市にあるファボーレについて詳しく書かれています。画像とかもあります。

不定期人生作業日報(仮)(hiroronfxさん)
舞台検証として4回に渡って書かれています。とにかく画像サイズが大きいので眼の悪い私も優しい設計(^^;


そして行かれる前にこちらも見ておいたほうがいいかもしれない、公式ページ。

ブログはこちら。

P.A.Works(「true tears」を製作したアニメ会社)


撮影箇所ポイント

A:JR城端駅

B:起業家支援センター



1:交差点その1

2:交差点その2

3:交差点その3

4:交差点その4

5:公民館

6:通学路

7:裏手の路地

8:坂道その1

9:坂道その2

10:川の風景

11:スーパー

12:スーパー

13:通りの店舗

14:石動家

15:城端中学校

16:城端中学校






1:交差点その1

第4話にて登場。愛子と三代吉が見ている交差点の向こうを乃絵と眞一郎が歩いているシーン。
通りでも大きい交差点(善徳寺前)なので見つけやすいかも。ここはそれなりに同じ絵の感動が味わえます(^^;



2:交差点その2

第4話にて登場。同じく愛子と三代吉のシーン。バックに写っているのは銀行でした。建物の形が特徴的なので
すぐに分かります。



3:交差点その3

第4話にて登場。撮影場所はその1、その2とほぼ同じ場所。こちらは駅と反対方向を向いたところ。両脇に見える
建物の形と、ポールがヒント?



4:交差点その4

第4話にて登場。その3の画像右側に写っているポールがこれになります。多分この位置でいいと思います。



5:公民館

第1話にて登場。眞一郎が踊りの練習をしていた場所。実際の建物も「善徳寺会館」という名称で使用されてます。
何かの催事をしている時なら中も見ることが出来るかもしれませんが、まあホドホドに。



6:通学路

第3話にて登場。ちょうど善徳寺の前の道路になります。アニメではもうちょっと道幅が狭そうですが、実際の道路は
結構広いです。右側の石柱がポイント。



7:裏手の路地

第3話にて登場。場所は先程の善徳寺から道なりに北に向かって歩くと左に曲がれる道があるので(写真館があります)
そこを入っていき、更に右に折れた先にあります。まあ、最初の道に戻ってくるのですが。



8:坂道その1

第3話にて登場。ここは何度となくいろいろなシーンでも登場してますが、アニメの画像に合わせて3話と記述。
石垣の形がちょっと違うんですが、ここはあちこちで捕捉されているのでここかと思います。



9:坂道その2

第8話にて登場。眞一郎と乃絵が2人で歩いているシーン。場所はさっきの坂道をもうちょっと下った先。
この先にコンビニとAコープなんとセフレとかあります。



10:川の風景

第7話にて登場。アニメではもうちょっと自然が残った感じですが、川のラインから考えてこの辺り。でも橋の欄干
とかはちょっと違うんだよね・・・



11:スーパー

第4話にて登場。乃絵とお兄ちゃんの純がバイクで買い物に来ていたスーパー。これはもう店舗の形ですぐに
分かります。ちなみに店自体はAコープです。



12:スーパー

第4話にて登場。乃絵と純の会話のシーン。手前のバイクがそのバイクです。実際は軒先まで商品が出ていますが
店の入口などからだいたいこの辺です。



13:通りの店舗

第4話にて登場。通りの風景として登場してました。場所は善徳寺の交差点からちょっと南に歩いたところです。
道路東側の歩道から西方向にカメラを向けています。これも家の形でばっちり分かります。なお、この店舗ですが
左側は「まねき」という料理店、右側は「イワキ」という洋菓子店です(←情報いただきましたーありがとうございます)



14:石動家

第8話にて登場。乃絵の家なので何度か登場。実際も住宅で、公営住宅なんだそうです。そしてこの横にP.A.Worksが
入居している起業家支援センターがあり、道路の向かいに南砺市役所城端庁舎があります。
なお、実際に住んでいる人がいるので変な撮影とか訪問はやめましょう。



15:城端中学校

第3話にて登場。奥に見える体育館の形で判別できるかと思います。ちなみに駅からは結構距離があるので
列車で来た人で、次の列車にあまり時間的に余裕がない人はやめた方がいいかも。
また学校の授業中とかに校内に入るのは絶対にやめましょう。多分捕まります(ぉ



16:城端中学校

第3話にて登場。ここはもうちょっと角度を変えた場所から。逆光となっているのでちょっと画像全体が薄くなって
しまってますが(苦笑)道路上からでも撮影は可能です。





記号A:JR城端駅

城端線の終点、城端駅です。高岡から1時間弱で到着です。待合室に観光案内所があるので出発前に情報収集。
また車で来られた方もぜひぜひ寄っておきたいポイントです。それは、



あるファンの努力(詳細)によって、放送中にこのような「true tears」のコーナーが設置されています。
番組告知ポスター等のほか、作品の紹介、各雑誌の切り抜き記事、そして来訪者の交流用ノート「こちら
チューリップ連絡帳」が設置されています。記念に一言残していってはいかがでしょうか。



手作りのPOPにも思いがあふれてきてます。や、こういう協力がとてもファンとしても嬉しいです。






宣伝記事もあります。




記号B:南砺市起業家支援センター

「true tears」を製作したP.A.Worksが入居しているビル。建物内は立入禁止です。
見るのは遠巻きに見る程度にしましょう(^^;

巡礼ガイドトップに戻る/ページ上に戻る





今のところはこのくらいです。
また城端へは行く予定なので、その時撮影ができればまた更新しようと思ってます(5月、6月くらい?)

ご意見とかご感想とかはこちらにあるアドレス(hotmail)へお願いします。(web拍手




Home
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット